LinuxMemo

Ubuntu amd64でwine

Javaの豆腐をなんとかする for Ubuntu

fontconfig.properties.ubuntu

http://vdr.jp/d/20041019.html にあったのをsazanamiからipamonaに変えてフォントのパスを直しただけです.

これを jre/lib/ の下に置けばOKです.

Synaptic touch padのタッピングを無効に

xorg.confのMouseセクションに

Options "MaxTapTime" "0"

を追加.

Skypeで着信音が鳴らない

設定で着信音をスピーカから鳴らすをチェック.Ringingは着信音を別のデバイスで鳴らすためだけにあるのね...

Ubuntuでwn-b11/usbsを使う

prism2_usbは役に立たないようなのでndiswrapperを使う.

rmmod prism2_usb
ndiswrapperのインストール
wn-b11/usbsのドライバをIO-DATAのサイトからとってくる
展開して出てきたWinxpディレクトリの中の〜.infと〜.sysを/etc/ndiswrapperの下にコピー
ndiswrapper -i /etc/ndiswrapper/〜.inf する
modprobe ndiswrapper
挿し直し
/etc/modutils に ndiswrapperを追加

Ubuntu amd64でOpera(shared) + flashplayerを動かす件

http://my.opera.com/community/forums/findpost.pl?id=1265482 参照

  • どこからかi386版のlibqt-mt.so.3を持ってきて/usr/lib32に入れる(自分はUbuntuのi386版を使いました)
  • i386版のlesstif2_なんとか.debを持ってきて
dpkg -i --force-architecture lesstif2_なんとか.deb
  • ふつーにflashplayerのインストール
  • javaは32bit版持ってきて,展開した後,Operaの設定でjavaの場所指定すれば使えます.

Ubuntuでvmplayerが動かない件

といっても,ネット上で症例が見付からなかったので,もしかしたら自分だけかもしれないけどメモ.

  • gdbで調べたらlibstdc++.so.6を呼んで落ちてるようなので,vmplayer付属のlibstdc++.so.5をlibstdc++.so.6にリネーム
  • 不要かもしれないけど/usr/lib/vmware/lib/wrapper-gtk24.sh内のlibstdc++.so.5をlibstdc++.so.6にリネーム

ATOK for Linux

327 :login:Penguin :sage :05/01/22 02:31:41 (p)ID:WGeCxnBY(3)

   Vine3.1でATOK使う設定
   インストールする。これは特に問題はない。
   ATOKのサーバプログラムを動かさないと接続できないので
   起動させる。めんどくさければインスト後1回そのまま再起動しとく。
   そしたら起動時にはちゃんとしっかり立ち上がってる。
   /usr/share/vine/imelibでatok17の設定をする時に
   設定内容がatokxになってるので直す。
   /etc/X11/xinit/xinitrc.d/setimeでatok*|ATOK*ならatokxを
   設定するようになってるのでatok17の時はatok17を使うように直す。
   上の2つをなおしたらsetime atok17と打つと、
   ~/.vine/system/imeのXIM_PROGとかが書き換わる。
   その状態で一度Xからログアウト。ログインし直すと使える。
   たぶんこれで平気。imelibとかsetimeはそのうち中の人が修正して
   setime atok17だけで設定できるようになるかもね。

329 :login:Penguin :sage :05/01/22 03:33:26 ID:2+VT0QXd

   漏れもSargeだけどとりあえず動かすことはできた。
   IIimfは
   1.rpmをalienでdebにして入れる (iiimf-gtk* はgtk24を使う)
   2./etc/gtk-2.0で
       # gtk-query-immodules-2.0 > gtk.immodules
   3. # /opt/IIim/sbin/makerc
   ATOKは
   1.rpmをalienでdebにして入れる
   2. # /opt/atokx2/sbin/makerc
   クライアントの起動のために~/.gnomercに以下を追加。
   (付属してたドキュメントを参考に必要と思しきものを適当に書いてみた)
   export USE_XOPENIM=yes
   export QT_IM_SWITCHER=imsw-multi
   export QT_IM_MODULE=xim
   export XIM=htt
   source /opt/atokx2/bin/atokx2_client.sh
   export XIM_PROGRAM="/bin/true"
   export XIM_ARGS=""
   これで一応うごいてはいる(変換はできる)けど、どういう訳かATOKのプロパティが開けないorz

342 :login:Penguin :sage :05/01/22 14:23:14 (p)ID:MxrShRNm(3)

   >>329
   漏れはsidだが、プロパティーがやはり出なかった。
   対処法は、
   /opt/atokx2/lib/client/atokx2auxd
   これが、プロパティーを呼び出すコマンド。一度起動するとメモリーに残るみたい。
   kdeなら自動起動へリンク。gnomeなら。gnomerc で実行しろ。
   それから、XIMで使うなら、
   export XMODIFIERS=@im=htt
   . /opt/atokx2/bin/atokx2_client.sh &
   だけで、.xsessionはいい。
   #/opt/IIim/sbin/makerc
   も実行しといた方がいい。
   以上で問題なく動いた。
   それから、一つ質問。
   一太郎を動かしてる人。
   jvmの環境設定で、mozillaやkonqは立ち上がったか?
   漏れの環境ではまるでコマンドが通ってないみたいだが。
   設定があれば教えてほすい。
更新日時:2013/09/01 13:17:37
キーワード:
参照:[FrontPage]
  • 添付ファイルへのアンカは、{{attach_anchor(ファイル名 [, ページ名])}}
  • 添付したファイルの表示は、{{attach_view(ファイル名 [, ページ名])}}
  • 添付ページとファイルの一覧は、{{attach_map}}